自然栽培された伝統野菜&西洋野菜/地元採れたて野菜専門 ...すべてが自己流だけど、野菜も自分もいい感じ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草の証明

農家や畑のレベルを見極める方法があります。
特に自然農法や自然栽培をしているといった人間は、少なくとも畑に生えている草の種類を把握していなければ自然に準拠した土作りはできません。
ほとんどの人間が答えられないはずです。
カッコだけの農家に騙されないためにも必ず質問してください。
たとえば、ボクの畑の画像を見て草だらけという農家は落第です。
このような農家の野菜は買わないほうが無難です。
過去の畑の画像から、スナックエンドウの周辺にはピンク色のカラスノエンドウが生えています。
ニンニクの周辺には、白いナズナです。
これらの草は完成された土にしか生えません。
つまり肥沃な土だということです。
また、もうひとつの過去の畑の画像を見ると青い花のオオイヌノフグリが一面に生えています。
この草も完成された土にしか生えません。
これがボクの畑の状態を嘘偽りなく証明してくれています。
なので、肥料がなくても野菜は育つのです。
ちなみに、このように畑の状態を確認した後は、カーボンを厚めに被せて草の生長を抑え、農作業をしやすくしています。

名ばかり野菜

いろんなところで売られている自然農法で作られたと言われている野菜とボクの野菜...
あきらかに違います。
これまで何度もそう言って野菜を販売している人間から話を聞いています。
なにも自然のことや循環のことをわかってなくて、表向きのカッコだけで栽培しているように思えます。
たとえば、これまで農薬や化成肥料を使われていた農地を借りたとします。
これを自然栽培や自然農法に切り替えるには、1年ほど生き残っている草に土壌に残っている農薬や化成肥料の毒素を吸い上げてもらわなければなりません。
いきなりは、できないものです。
ましてや、初年度から草を抜きながら野菜を育てると、当然のことながら野菜が毒素を吸い上げることになります。
たとえ農薬や化成肥料を使わなくても不味い野菜ができてしまいます。
虫からも食べられます。
アブラムシのくっつく野菜なんて最悪です。
また、土壌の微生物は農薬や化成肥料でかなり殺されていますので、発酵すら時間がかかるような状態です。
次に翌年からは畑にできた草を土壌に戻して、菌のたくさん入っている土や発酵させた堆肥を入れて、草をたくさん生える状態にしてさらに毒素を抜いていきます。
このときの堆肥の目安は、1反あたりでも10tは必要です。
この作業を最低3年以上は繰り返さなければ正常な土にはなりません。
もちろん、正常な土で作られていない自然農法の野菜なので、アトピーやアレルギー体質の方は食べることができません。
自然農法といって販売する人間は、それだけの責任をもってほしいものです。
このような野菜を食べて体調に異変が生じた場合は、必ず責任をとってもらったほうがいいと思います。
近頃、少しばかり消費者よりも知識があるだけで、野菜を販売されている人間が増えてきているように思えます。
バカでもチョンでも野菜を販売できると思われるなんて、この商売もなめられたもんです。

野菜の進捗

本日はGW中にもかかわらず、当店まで足を運んでいただき、ありがとうございました。
お店を始めてから初めてのGW営業となり、どのくらいの野菜を揃えてよいか迷いましたが、お客さんのおかげで完売することができました。
今年は寒さも厳しく、なかなか野菜の生長もおもわしくなかったものの、ようやく出揃いつつあります。
まずは、農家さんの野菜からスタートです。
ボクの野菜は、微生物の力を引き出すのに時間がかかりますので、出遅れてからのスタートとなります。
自然の流れに沿って栽培していると、どうしてもスタートが遅れてしまいますがパワーを蓄積した後の生長はものすごいものがあります。
これまで、何度も不思議な生長を目の当たりにしてきましたので。
今年は、特に楽しみな野菜が沢山あります。
発芽に1ヶ月ほどかかるパースニップです。(画像上)
遺伝子組み換えでない安全な種を使ったトウモロコシのゴールデンバンタム。(画像中)
ただ、トウモロコシは肥料食いといわれる野菜。
肥料なしのボクの畑でどのように生長させるか悩んでいます。
それから西洋黒ゴボウのスコルツォネラ。(画像下)
今のところ、すべてが順調です。
他にもまだシークレットですが、ものすごい野菜をたくさんつくっています。

DSC_0005_convert_20110429181252.jpg

DSC_0007_convert_20110429181519.jpg

DSC_0010_convert_20110429181351.jpg

野菜のデキ

今日は朝から渋滞です。
こんなときは予定が狂ってしまいます。
畑に到着すると肌寒いです。
畑はかなり水を含んでおり、土を触った作業はできませんので草を刈ることにしました。
1st Stageでは、勢いを増してスナックエンドウや絹さやが生長しています。(画像上)
周囲の草に支えながら成長しているので支柱はいりません。
これ以上、伸ばすには草を刈り取り支柱を立てなければなりませんので、その作業をしました。
作業をしていると雨も降ってきましたが、そのまま作業続行です。
そして、晴れて、また雨が降っての繰り返しでした。
まったく天気予報があてになりません。
結局のところ、日焼けしてしまいました。
2nd Stageでは、エンダイブがたくさんできています。(画像中)
いつ種を蒔いたのか記憶がないのですが、昨年秋だと思います。
このくらいのサイズがとてもおいしくいただけます。
また、ニンニクを試しに掘ってみました。(画像下)
まだ、大きくなってはいませんが香りはいいです。
昨年と比べても茎は太いので期待できます。
葉の色も艶もこれまで見たことのないレベルに仕上がっています。
あとは、糖度が40度をクリアすることを願うばかりです。

DSC_0015_convert_20110429182002.jpg

DSC_0009_convert_20110429181810.jpg

DSC_0004_convert_20110429181211.jpg

GWの営業

今年のゴールデンウィークは、姪っ子と甥っ子が遊びに来るため実家の宮崎へは帰省しないことにしました。
帰省は、弟に任せます。
なので、今週末はお店の営業をしようと思ってはいたものの、お客さんもお出かけの方が多いので、ご予約対応させていただきます。
新たな実験を畑で行うのに土曜日は天気もよく絶好なので、あまりお店に張り付きたくはないもので。
営業時間や野菜リスト、受け渡し方法などは個別にお知らせいたします。
ブログ左のお問い合わせより、メッセージをいただければと思います。
月末限定の生パスタや各種秘密の無農薬フルーツもあります。
いつもかぎまわる人間がいますので、ネット上では言えません。
Blog Link
自然栽培について
無農薬・無肥料で栽培した野菜の味は、化成肥料や有機肥料で栽培された野菜ほど濃厚ではありません。

ほのかな甘みとスッキリとした
気持ちのよい後味が特長です。

すんなりと体内に吸収されていくという感覚です。

これまで、おいしい野菜の条件とされていた味とは少々違います。


一般の肥料や農薬をはじめ、
堆肥等も全く使用せずに
最も過酷な環境で育てました。

一般に販売されている野菜より
外見や大きさは見劣りしますが
安心してお召し上がり頂けます。
お問い合わせ
野次馬客を回避するため
住所等は、載せておりません。

お名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

shiki31

Author:shiki31

Vegetable Concierge
Vegetable Consultant


IT業界のプロフェッショナルが
日本の農業を守るため奮闘中!


2007年10月
 神戸の摂津本山に
 週末八百屋をオープン...


2009年 4月
 兵庫県北部にて
 無農薬・無肥料栽培を開始

2011年 営業日
 6月25日(土) 営業
 6月26日(日) ご予約のみ
   :
 7月 2日(土) 営業
 7月 3日(日) ご予約のみ
   :
 7月 9日(土) お休み
 7月10日(日) 営業
   :
 7月16日(土) 営業
 7月17日(日) ご予約のみ
   :
 7月23日(土) 営業
 7月24日(日) ご予約のみ

営業時間(目安)
 土 / 13:30 ~ 17:00
 日 / 13:00 ~ 15:00
 ※売り切れ次第、閉店します。
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ガンバレ野菜くん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。